『婦人之友』7月号

a0229553_06070576.jpg


発売になりました。
このブログに書いてきた長男とニワトリのことが、
ニワトリと卵と、息子の思春期」という記事で掲載されています。


少し前に届いて、息子たちにも見せてみました。
「こんな言い方したんだっけ?忘れちゃったな」という長男の反応も、
「ぼく助産師じゃないよ〜」とニヤニヤ話す次男反応も、
私が大事にとっておいたものは、彼らには過ぎ去ったほんの一瞬なのだなと
思わせられて、ちょっと寂しかったり。

ただ、楽しそうに記事を読む息子たちの姿が、
自らのアルバムをめくる息子たちの姿に似ていることに気づきました。
それは、ブログに書かれていることなどまったく知らない息子たちに、
これからも書き続けていいと言ってもらったようでもあり、
(自分勝手な解釈ですが)
なんとなく、嬉しい気持ちにも。


担当編集者が、編集後記にも息子こと書いてくださっていました。
わが家の雑談記ではありますが、もしよかったら。

・・・・・・・・・・・・・


ニワトリたちは、梅雨で日照時間が影響してか、産卵率が少々低下中。
生き物の体から生み出されるものなのだと実感します。
とはいえ、充分自給できており
長男のお弁当には毎日卵焼きが入り、
次男は昨日、学校の調理実習にと家の卵を持っていき、
今日は末っ子のお弁当にも。
ニワトリたちに感謝。


私は41歳になりました。
長男に「年取るから全然嬉しくないでしょ?」と言われましたが、そうでもないです。
41歳で見える世界も、きっとおもしろいはず。


a0229553_06070535.jpg













.



[PR]
# by adusaadusaadusa | 2018-06-15 06:09 | Comments(0)

母の友7月号

a0229553_06084674.jpg

出ています。
特集は「祭りのススメ」でした。
祭りが盛んな地域に生まれた私は、根っからの祭り好きで、
読みながらウズウズしてしまいました。


インタヴューでは、スズキコージさんが
『やまのかいしゃ』にまつわる思い出話を語っておられました。
コージさんが若かった、当時の空気感が充満する記事でもあり、
時代の空気がどこからどこへと向かってきたのか、
そういったことを感じる部分もあって、とても興味深かったです。


『やまのかいしゃ』は私も大好きな絵本で、
小学校読み聞かせボランティアでも、6年生の教室で読みました。
この春、福音館書店から復刊されたそうす
絵本を手に取る機会がなさそうな、大きい子どもたちにもオススメしたい。




コージさんの奥さん、大畑いくのさんの新作『七人のシメオン』の
絵本原画展が、6月13日から神戸の元町ではじまります。
https://ikunoohata.blogspot.com
いくのさんの絵を見ていると、懐かしくて、ちょっと切なくて、うれしくなります。
魅力的、いや、魅惑的と言いたい。
絵本好きな方も、昔話好きな方も、ぜひ。


私は、今号も「こどものひろば」の写真担当させていただいています。

a0229553_06084667.jpg









.




[PR]
# by adusaadusaadusa | 2018-06-11 13:43 | Comments(0)

運動会で見たウサギ


次男は学校で飼育委員らしい。
学校で飼っているウサギの話をよくする。
だから、先々週の運動会で家族はウサギを見にいった。
学校ではウサギ小屋が2つあり、それぞれに一羽ずつ入っていた。


運動会の2日後、次男が夕飯時に「ウサギが一羽死んだんだよ」と言った。
「え!信じられない。」「元気だったのに、なんで?」「どうなってた?」
矢継ぎ早に聞く家族らに対し、
次男は「うーん、わからない」と一言。

すると、
「死因がなんなのか知りたいくない?お母さんだったら知りたい!」と私。
「学校側もわからないままにしないはず。」と主人。
「死因究明を授業にすべきだよ!」と長男。



この時の、次男の顔を見た。
きっと彼は、〝うちの家族めんどくさい〟と思ったに違いない。



a0229553_15195067.jpg


いつも甘えん坊の次男だけど、運動会では別人だった。
徒競走では1番だったし、リレーでは前走者を抜かす姿にドキドキした。
次男だけを見にいく運動会。
いつもこういう目で次男を見ていたいな、と思った。







.


[PR]
# by adusaadusaadusa | 2018-06-06 15:23 | Comments(0)

nice things. 7月号

a0229553_15414155.jpg



発売になりました。
特集は「訪ねたい場所」
長崎の記事で、coeur de joieさんと、雲仙小浜の刈水庵の取材撮影しました。
出島のList:さんも登場されています。
長崎に、こんな場所がある、あんな人がいる。
そんなふうな出会いがいくつもあって、
「ここが好きだなあ」と思ったり、
「私もがんばろう」と思ったりします。


訪ねたい場所がひとつふたつあれば、それだけで旅に出かけられる。
そんなものだなあとぼんやり考えつつ、
やっぱり今年こそ北海道に行きたいと思いを強くしました。


a0229553_15414197.jpg
a0229553_15414001.jpg










.


[PR]
# by adusaadusaadusa | 2018-05-25 15:56 | Comments(0)

kodomoe6月号

a0229553_15414140.jpg


アップするのが遅くなりましたが、出ています。

インタビューに矢部太郎さんが登場されていています。
お笑いコンビ・カラテカの矢部さんですが、
マンガエッセイ『大家さんと僕』の作者でもあります。
そして、お父様は絵本作家のやべみつのりさん。

あまりに内容が濃くて(一見ゆるい感じなのですが、濃い!)
3回連続で読み返してしまいました。おすすめです!


この夏も新しいkodomoeプールバックに大喜びの次男と末っ子。
10歳と4歳で、年齢差は6歳のはずなのに
毎日ケンカと仲直りを繰り返す、年子のような関係。
先日、トランプのババ抜きでもオセロでも容赦なしの次男に
「妹は鍛えられて強くなるね」とイヤミを言うと、
恩着せがましく「俺のおかげなんだぞー!」と妹に言っていた。。
かわいいヤツめ。


今号もコドモPHOTOギャラリー担当しています。
どうぞよろしくお願いいたします!








.

[PR]
# by adusaadusaadusa | 2018-05-25 15:49 | Comments(0)